暖房について考えてみた!




ワカサギ釣り快適化計画!




ということで、





テント内の暖房について考えてみました!

 

注)テント内での火器の使用は禁止されていますので自己責任で。

 

 

テントを使用することにより風を防ぐことができるので

 

テントの外と比べると断然暖かいのですが…

 

結局外気温は氷点下なので日光が出ていないとテント内も冷えてしまいます↓↓

 

 

特に手がかじかむとエサ付けもロクに出来ない状態になってしまいます!

 

 

そこで冬キャンプをしよう!

 

と思い2年ほど前に買ってから出番なしトヨトミのレインボーストーブ

 

 

 

やっと活躍の場が!

 

 

…と思いましたが、子どもと2人がメインだし、

 

少し大げさ&持ち運びが大変かな、と思い

 

また待機してもらうことになりました。

 

 

てな訳でコンパクトで持ち運びが楽で、取り扱いが簡単なものはないか探してみました。

 

カセットガスストーブ

 

 

 

ポイントは…

 

・一番手軽に暖がとれて暖かそう。

 

・転倒時消火装置などが標準装備されているものが多く、安全。

 

・お湯を温めたりできるモデルもあるが効率は悪そう。

 

・本体が5,000円前後と安価。

 

・大きくは無いが小さくもないため運搬の際に場所をとる。





ガソリンバーナー&遠赤アタッチメント。

ガソリンバーナー

 

 

ヒーターアタッチメント

 


ポイントは…

 

・ホワイトガソリン使用で氷点下でも安定した火力。

 

・コンパクトで持ち運びも楽。

 

・煮炊き等の用途にも使える。

 

・見た目はもちろん、使いこなせるとカッコイイ。

 

・本体が高め。

 

・燃料が高い&入手先が限られる。

 

・ポンピング等着火の際にひと手間あり。

 




カセットガスシングルバーナー&遠赤アタッチメント。

 
シングルバーナー
 



ヒーターアタッチメント

 

 

ポイントは…

 

・非常にコンパクトで持ち運びに便利。

 

・メインがシングルバーナーなのでキャンプ等でも活躍しそう。

 

・本体が安価。

 

・燃料の入手が容易。

 

・ドロップダウンにより寒い時期だと火力が安定しない可能性がある。

 



sotoのST-310はマイクロレギュレーターが搭載されているため低温でも安定した火力らしいが…?実際使ってみないとなんとも。



【重要】そもそも推奨された使い方ではないため、輻射熱によりボンベが熱せられて爆発等の事故が起きる可能性がある。



輻射熱対策をすることで実用はできそう。あくまで自己責任で。

 

 

ほかにもいろいろ

 

こんなのや

 
 
こんなヒーターもありますが
 
 

 

お湯、沸かせないしな…。

 

だって寒い中カップ麺食べたいでしょう?

 

軍配は・・・

 

やはり貧乏性の自分としては暖房以外の用途も多彩なガソリンバーナーカセットガスバーナー遠赤アタッチメントが非常に魅力的です。

 

見た目もいいし。

 

とりあえず現時点で所持している道具の燃料の統一という点では

 

カセットガス仕様のバーナーに軍配が上がりそうですね…。

 

 

やっぱホワイトガソリン仕様のランタンやバーナーはカッコイイけどね!

 

<追記>

購入しました!

こちらからどうぞ

↓↓↓

テント内暖房はこれ!

 

ブログランキングバナー

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓キャンプに役立つ情報いっぱい↓↓

登山・キャンプランキング

↓↓最新釣り情報を知りたいなら↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする