【レビュー】SOTO レギュレーターストーブ ST-310を購入!【改造】

SOTO ST-310を購入しました!


こんにちは、TANです。


タイトルの通り、SOTOのバーナーを購入したのでレビューしたいと思います!


  暖房について検討した記事はこちら↓



ポイント使用でお得に変えました!

 


決め手となったポイントは…

  • カセットガス仕様のため、ランニングコストが安い
  • スーパーやコンビニでも入手可能
  • 点火スイッチを押すだけの簡単着火ですぐに使用できる
  • マイクロレギュレーター搭載でドロップダウンが起きにくい


などなど、いいことばかり!


これは初心者の私にはピッタリの商品だと思い、ST-310をチョイスすることにしました!



ですが購入前にいろいろ調べていると…


ゴトクと脚が一体となっており、このゴトクが輻射熱でかなり熱くなるため火傷する人が続出しているとか。


なにそれ怖い!


というわけで、すでに定番となっているゴトクの熱対策を早速施しました!


メーカーから点火スイッチのアタッチメント↓

 



も発売されていますが、今回は先人の知恵をマネさせていただきます!

ST-310のゴトクの熱対策!

まず材料!



まず内径4mmのシリコンチューブを用意します。

(耐熱温度は200℃と書いてありました)


このシリコンチューブはジョイフルエーケーに売ってました!


測り売りで400円/mくらいでしたね。


ちなみに水道等の配管パーツ類の売り場に売ってましたよ。


コイツを20cmほどの長さに切ってゴトクにはめていきます。

取り付け方法!



そのままだとすべりが悪くて取り付けが困難なので潤滑のために泡ハンドソープ少量つけるとスムーズに取り付けられました。


最初ボディーソープを使用したところ、ゴトクがヌメヌメになって拭き取るのに大変苦労したのでボディーソープは使わない方がいいです!

装着完了!



グリップ力もアップし、ガタつきもありません!


考えてくれた人ありがとう!

暖房として使ってみる!



同時購入したコレを…


こう!



(この組み合わせはメーカーで推奨されていませんので自己責任です)


溝から5㎜ほど浮きますがガタツキ等はなくハマっています。

さっそく試運転してみます!



アタッチメントの上面は弱火にしてもかなりの熱が発せられています!


が、側面は思ったより暖かくないかも…。


改良の余地あり!?


輻射熱でボンベが熱せられないか不安でしたが20分ほどの試運転では大丈夫そうでした。


が、一応使用時は定期的にチェックしておいた方がよさそうですね。

実際に使ってみた!



先日テント内の暖房として実際に使用してきました!


何かあってからでは遅いのでベンチレーションをオープンにし、一酸化炭素警報器も準備OK!



一酸化炭素は無味無臭なので恐ろしい…

 



着火後・・・


暑い!上着いらない!


…とはなりませんでした が、


弱火で使用しても、帽子や手袋を外して上着のチャックを開けて過ごせるくらいの暖かさにはなります!


遠赤ヒーターアタッチメントの上面でお湯を沸かすこともできるのでお肌の乾燥も防ぐことができます!



ちなみにアタッチメントの上部はかなりの高温ですので、お湯はすぐ沸ますよ。


これでコーヒー、カップ麺も手軽に楽しめる!

 


実際に使ってみて…



今回は普通のカセットガスで3時間ほど弱火で使用しましたが1度も消えることは無く使用できました!


ガスも半分以上残っているようです!


思っていたより燃費が良くて驚きました!


これは年間通して活躍してくれそうです!


気になった方はぜひ↓

 


タイトルとURLをコピーしました