【100均の本気】ダイソーメスティンの実力は!?

こんにちは、TANです。



今回はコスパ抜群のアウトドア商品を多数販売している100円ショップ、ダイソーの商品です。



その中でも人気過ぎて品薄となっているメスティン(アルミ飯盒)をたまたま見つけたので購入してみました!






トランギアのメスティンラージは持っていたのですが、ノーマルサイズはまだ持っていなかったので、ついカゴに入れてしまいましたw


 





注)トランギアメスティンは1.8合まで炊飯可能。ダイソーメスティンは1合まで。


これで500円!?の仕上がり!



このメスティンはダイソー商品の中では高額商品となる500円(税別)です。



しかしトランギアのメスティンは1,000円以上の商品であの仕上がり(失礼)なので、例の儀式(バリ取り)は必要なモノだという先入観がありました。



開封して驚愕。



なんて滑らかなフチ!スベスベじゃねぇか!








完全に期待を裏切られました(良い方に)



すごいぜ、ダイソー!



肝心の炊飯は…?




見た目が良くても、肝心の炊飯が上手くできなくては意味がありませんね。



さっそく儀式②(米のとぎ汁でシーズニング)をおこなってから米を炊いてみます。


↓関連記事↓

【忘備録】trangia ラージメスティンのシーズニング&激うま炊飯




ご丁寧にご飯の炊き方(説明書)まで同封されています。








今回はアルコールストーブ編でやってみます。


 




30分吸水させます。


水の分量は180mlでやっています。






ストーブに燃料用アルコールを30ml入れて火にかけます。







ちなみにゴトクもダイソーで調達しました。







高さはこんな感じ。





火が消えるまで待ちます。


放置でOK!


本体を逆さにして布などで15分保温して出来上がり!










さて、上手く炊けたのか!?







バッチリ炊けました!








時間を合わせて作っていおいた豚キムチと一緒にいただきます!







うッ…うまいっ!






芯も無く、上手に炊くことができました!



おコゲは無かったので、おコゲ付きが好みの方はガスストーブなどで炊くのが良いかもしれません!





ウェットティッシュで簡単にキレイにできますね。



あると便利な道具




燃料用アルコールの持ち歩きにはVARGOの燃料ボトルがおすすめ!





目盛りがついているので使い勝手が良いです!






目盛りはオンス表示ですが、1オンスは大体30mlなので覚えておきましょう!



…ということは



1合炊くのに30ml使用するダイソーメスティンと相性ピッタリ!


 




ダイソーメスティンのサイズ感




ダイソーメスティンは1合用なのでトランギアのメスティンよりひと回りコンパクトで、トランギアのメスティンの中にすっぽり入るみたいですよ。



スタッキング等を考えているならトランギア製のメスティンと混同しないようご注意を。



トランギアのメスティンラージとの比較してみるとこんな感じです。








ちゃんと蓋も閉まります。料理用と炊飯用に分けられて良いかも。



横は全然入りませんな。




 







そしてダイソーメスティンで蒸し料理に挑戦したいアナタ。


この網がしっくりくるみたいですよ。


 




まとめ





フリマサイトなどで高額転売されているのをよく見かけますが、実店舗の在庫も見かけるようになってきました。



せっかく安くて良い商品なので定価で買いたいものですね!



炊飯以外にも使い道が豊富なメスティン。まだお持ちでない方はダイソーへGO!