【ふるさと納税】アウトドア用品をお得にゲット!?


こんにちは、TANです。



今回はお得にアウトドアグッズが手に入るかも!?なお話です。



ふるさと納税ってやっていますか?







一時期、過剰なAmazonギフト券のバラマキでニュースになったアレです。



最近は返礼率が3割以下に義務づけられたので以前ほどの賑わいはありません。



しかし、昨今のアウトドアブームに乗っかっている自治体が増えているようで、様々なアウトドアグッズやアクティビティが返礼品としてラインアップしています。



ご自身の寄付金控除額次第ではありますが、

高額なアウトドアグッズが実質2,000円で手に入る可能性

がありますよ!



おすすめの一例


これは!と思ったのは埼玉県川口市の返礼品で、



EPIgasの REVO-3700 STOVE です!


 





寄付額は30,000円ですが、実質2,000円で手に入ります。


定価が ¥9,500(税抜) なのでかなりお得ですよね!



寄付控除額に余裕があればぜひ欲しい品ですね!



そもそも制度自体イマイチよくわからん。



私もそうでしたが、「そんなうまい話あるわけない。」と思いませんか。



とあるサイトの早見表を見ると、

例えば夫婦(妻が専業主婦で、小学生の子供1人)で

年収500万円の人なら47,000円までの寄付金控除
(47,000円分の返礼品を実質2,000円でもらえるよ!)


となっているように見えます。



しかし! 場合によっては当てはまらないケースもあるのでご注意!


(注:もちろんそのまま当てはまるケースもあります)




実際そんなに税金を払っていますか?



寄付控除分は、その年の所得税から還付され、また翌年の個人住民税から控除されます。



しかし税金には様々な控除がありますよね。



その控除額を把握しておかないとするかもしれません。



払った税金以上に還付されることはないのです。



ぜひ詳細なシミュレーションをしてみることをおすすめします。



下記サイトで詳細なシミュレーションが可能ですよ!


ふるなび(https://furunavi.jp/)


さとふる(https://www.satofull.jp/)


ふるさとチョイス(https://www.furusato-tax.jp/?header)



CM等でおなじみのサイトなので安心です!


まとめ




期間はその年の1月1日から12月31日までとなっています。



人気の返礼品はすぐに品切れとなる場合もあるようです。



会員登録しなくても返礼品の検索はできるので、気に入った返礼品が見つかったら、「ふるさと納税」検討してみてはいかがでしょうか。



探せばアウトドア用品も結構ありますよ!



ちなみに我が家は「お米」を返礼品に選びました。(子供が食べ盛りなもので 汗)


それではまた。