【いきなりトラブル】スポーツスターⅡ 508A購入!

 

ド定番ガソリンストーブ、スポーツスターⅡ508A(コールマン)を購入しました!

 

 

Paypayフリマの送料無料キャンペーンに乗っかってついついポチってしまいました。

 

 

 

中古品ではありますが使用回数2回の美品を3,500円で購入できましたー

 

 

と、喜んだのは最初だけ…

 

 

 

 

コールマンスポーツスターⅡとは

 

 

気温の変化、寒冷地に強いホワイトガソリン燃料式定番のワンバーナーストーブで、ワカサギ釣りなど厳冬期のアウトドアシーンにピッタリのストーブです!

 

 

スペック(公式HPより引用)

●火力:最高時約2,125kcal/h
●燃料タンク容量:約520cc
●燃焼時間:約1.5~3時間
●本体サイズ:約φ14×14(h)cm
●重量:約960g
●付属品:プラスチックケース
●使用ジェネレータ:Model 400B2891

 

 

 

 

到着&開封!

 

 

 

さっそく外観のチェックをします。

 

 

 

…なんかネジ山つぶれてない?

 

 

 

ジェネレータ変形してない?

 

 

 

…怪しい!

 

 

 

とりあえず点火試験しまーす。

 

 

 

無事着火!

 

 

 

ジェネレータが温まるまで待ちます。

 

 

 

が、

 

 

 

いつまでも完全燃焼(ブルーの炎)にならん!

 

 

 

やられたー!これメンテ必要なやつじゃん!

 

 

 

世の中そんなに甘くないっすね…

 

 

 

 

いざ、メンテナンス!

 

 

 

ほんとに使用回数2回かよ…とぼやきながら

 

 

 

困ったときのグーグル先生にお伺いしました…

 

 

 

(原因)ジェネレータの詰まり→清掃すれば良いよ!

 

 

 

と判明したので、まずはエアダスターとキャブクリーナーを買いました。

 

 

 

 

 

分解作業はドライバーとレンチがあれば出来ちゃいます。

 

 

 

レンチはモンキーレンチで代用可能ですが、他にもコールマン製品を使っている方はコールマン純正品を買ったほうが作業性が確実にUPしますのでおすすめ。

 

 

 

整備性の高さはさすがコールマンといった感じです。

 

 

 

ますは説明書通りにジェネレータを外していきます。(説明書はコールマンのホームページからダウンロードできます)

 

 

クリーニングロッドを引き抜きます。

 

 

 

 

ジェネレータ内部にキャブクリーナーを噴射し、しばらく放置します。

 

 

 

ついでにクリーニングロッドもきれいにしておきます。

 

 

 

今回使ったキャブクリーナーは泡タイプだったのですが、手前に泡が溜まってしまい、中まで浸透しているかわからず使いにくかったです。

 

 

 

これから買う方は泡タイプはやめておいたほうが良いと思います。

 

 

 

5分ほど放置したら、エアダスターで噴射して汚れカスを飛ばします。

 

 

 

 

これでジェネレータの洗浄は完了です。

 

 

 

組み立ては逆の手順で組むだけなので簡単

 

 

 

…かと思いきや!

 

 

 

 

ジェネレータが入れづらい!かなり手こずりました…

 

 

 

 

ジェネレータは真鍮で出来ているので簡単に変形します。

 

 

 

この変形を利用しながら入れていくっぽいのですが、最初はかなり不安でした。

 

 

 

コツは恐れずやること!

 

 

 

噴出口の穴に収まっていれば火は着きます!w

 

 

 

 

いざ点火!

 

 

 

お!徐々に青い炎になってきた!

 

 

 

が!

 

 

 

赤い炎と青い炎が半々といった感じで微妙に不完全燃焼…

 

 

 

やっぱジェネレータ交換が必要なのか…

 

 

 

安いものには訳がある、痛感しました。

 

 

 

意地でもブルーフレームにしてやる!

 

 

 

 

つづく



続き↓
【メンテナンス】コールマン スポーツスターⅡをレギュラーガソリン仕様に!【改造】